アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年09月24日
アイナ不動産のブログ

湿気や結露による天井や壁、床などのカビ汚れは退去時に借主の負担になる?

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

夏の暑さも落ち着き始め秋の気配が色濃くなってきましたが、秋雨の時期は湿度も高く、気温が高くなる日はちょっとジメジメしてしまいますね。

天気が悪い日が続けば洗濯物を室内に干す機会も増えると思いますが、そうなるとお部屋の中も湿気でジメジメしてしまいがちです。

湿気が多いと気になるのが結露の発生による壁や天井のカビ汚れなどですが、賃貸物件でこのような症状が出てしまった場合、退去時の借主の負担が発生してしまうのでしょうか?

気密性の高い構造だからこそ起きやすい結露の問題。

冬場に起こりやすい結露の発生ですが、原因はどういったことなのでしょうか?

よくある原因として、冬場、室内でファンヒーターなどの暖房器具を使うことによる室内の乾燥を防ぐため、暖房器具と一緒に加湿器も使用することで室内の湿度が高くなり窓際などで結露が発生してしまいます。

その他にも、室内と室外の温度差によって結露が発生してしまうこともありますが、特に鉄筋コンクリート造や鉄骨造の建物などの気密性の高い構造の場合、室内と室外の温度差が起きやすいため結露が発生してしまうことがあります。

また、気密性が高い物件は室内に湿気が籠りやすいので、室内で汗をかくなど人の体温による熱気でも結露が発生する原因になることもあります。

結露の発生を防ぐためには定期的に室内の換気を行ない、室内の湿気を室外に逃がすことや室内の空気を扇風機などで循環させること、室内で除湿器を使用して湿気を除去することなどがあります。

結露を放置してしまうとカビの発生の原因にもなりますので、結露が発生しにくい環境作りを心がけましょう。

梅雨時期は洗濯物を室内に干す機会が増えますのでご注意ください。

冬場に発生しやすい結露ですが、冬場だけでなく湿度が高くなるこれからの梅雨時期にも発生しやすくなりますのでご注意ください。

梅雨時期に結露が発生しやすい原因として、特に注意したいのが洗濯物の室内干しです。築年数の新しい物件などではインナーバルコニーのお部屋もあり、洗濯物を室内にしか干せない物件もありますが、換気を怠ると室内が大変なことになってしまいます。

洗濯物は1kgあたり1時間に100~300ccの水分を放出しています。室内干しを行なうとその水分がお部屋の中に籠ってしまい、お部屋の湿度が高くなってしまい結露が発生する原因になってしまいます。

 

その為、室内に洗濯物を干す際は除湿対策を忘れずに行なう必要があります。室内干しをする際は衣類乾燥機や除湿器を使用したり、エアコンの除湿を利用しながらエアコンの下で乾かすなどの工夫が必要です。

また、乾燥機能付きの洗濯機を使用されている方は、室内干しをする前に30分程度乾燥をかけてから室内干しを行なうだけでも結露の発生を防ぎやすくなります。

乾燥機が無い場合はアイロンを先にかける方法もあります。脱水が終わった衣類にシワを伸ばす程度、軽くかけるだけでも室内干しの時間が短縮されますので、結露対策には効果があります。

 

室内干しの時間が長くなると結露の発生だけでなく、洗濯物も生乾きの嫌な臭いが発生する原因にもなりますので、さまざまな方法で対策を行ない梅雨時期を乗り切りましょう。

天井や壁・床のカビ汚れなどは退去時の原状回復の対象となりますのでご注意ください。

結露が発生しているにもかかわらず拭き取るなどの手入れを怠り、放置したことにより天井や壁・床などにカビやシミを拡大させてしまった場合は退去時の原状回復の対象となり、借主に修繕費の負担が生じてしまいます。

結露が発生する原因は建物の構造上の問題の場合もありますが、借主の室内の使用状況に原因がある場合もあります。

国土交通省で取りまとめている「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」でも、結露を放置したことによって壁などにカビやシミを拡大させてしまった場合は借主の管理等が悪く発生したと考えられるものと区分しています。

カビの汚れも表面だけで収まっていればまだいいのですが下地まで腐食してしまうこともあり、下地の修繕が必要となってしまうと借主の修繕費負担額も高くなってしまいます。

たかが結露と思うかもしれませんが結露によりさまざまな影響が出てしまいますので、これからの時期には十分に注意しましょう。

『アなたのイ~ナがきっと見つかる』

石巻市はもちろん、近隣の東松島市・大崎市・登米市・涌谷町・美里町など、不動産物件をお探しの方はぜひアイナ不動産へご相談ください!

https://aina-estate.com/

空室でお困りの不動産オーナー様からのご相談も随時受付しておりますので、ぜひお問い合わせくださいませ。

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10年以上が経ち、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward