アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年06月24日
アイナ不動産のブログ

賃貸物件のインナーテラスによくあるメリット・デメリット。

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

最近、新築や築浅の賃貸物件でも見かけることが多いインナーテラスですが、テラス部分が室内にあるということでお洒落なイメージを持つ方も多いかもしれません。

物件によってはインナーバルコニーやサンルームと表記している場合もありますが、実際に使用するとなるとメリットやデメリットがあります。

事前に確認することでインナーテラスを上手に使いこなし、素敵な賃貸ライフを満喫しましょう。

インナーテラスのメリットとは?

いろいろと便利なインナーテラスですが、インナーテラスには下記のようなメリットがあります。

 

1.雨の日にも洗濯物が干せる

インナーテラス最大のメリットと言えば天候に左右されず洗濯物を干すことができる点です。インナーテラスに干しておけば急に雨が降ってきても心配いりません。最近は室内干し用の設備が付いている物件も多くありますが、やはり陽当りのよい場所に干すことができるのが一番です。

 

2.室内を広く使える

室内干し用の設備が付いている物件が増えてきていますが、それを利用して毎日洗濯物を干すとなると1部屋が洗濯物干し場として兼用で使うようになるため、少し圧迫感を感じてしまうかもしれません。その点、インナーテラスは洗濯物干し場として専用的に使用することができますが、洗濯物を干さないときは室内と繋げることで明るさと開放感を味わうこともできます。

 

3.花粉やアレルギー物質の付着が防げる

花粉症などアレルギーをお持ちの方など、外に洗濯物を干すことができない方もいらっしゃいますが、インナーテラスであれば洗濯物に花粉などが付着することを防ぐことができるので安心して洗濯物も干せます。

 

4.防犯面でも安心

インナーテラスでは洗濯物の盗難や外部からの侵入も防ぎやすく防犯面でも安心ができます。お気に入りの洋服や高価な洋服を干していたら盗まれてしまったということも防げますので、安心して洗濯物を干すことができます。

 

インナーテラスの代表的なメリットを記載しましたが、まだまだメリットはたくさんありますので、インナーテラス付きの賃貸物件を探してみるのはいかがでしょうか。

インナーテラスのデメリットとは?

いろいろと便利なインナーテラスですが、やはりデメリットな部分もあるので注意が必要となります。

 

1.洗濯物が乾きにくくなることがある

インナーテラスで洗濯物を干すとき、すべて閉め切った状態のまま干してしまうと洗濯物の湿気の逃げ場が無くなってしまい、せっかく陽当りが良くても洗濯物が乾きにくくなってしまいます。なお、窓を少し開けて空気の流れを作ってあげたり、扇風機などで空気を循環してあげることで改善はできます。

 

2.洗濯物を干す量が限られてしまう

一般住宅のような大きなインナーテラスであれば困ることは無いと思いますが、アパートなどのインナーテラスの場合、そこまで大きなスペースが確保されていないこともあります。週末にまとめて洗濯する方などは洗濯物を干す場所が足りないなんてこともあるかもしれません。

 

インナーテラスのデメリットは多くはありません。使い方を間違えてしまうと生じてしまうことばかりですので、インナーテラス付きの物件にお住いの際は上手に使いこなしてみましょう。

上手に使いこなすことでインナーテラスの魅力が最大限発揮されます。

インナーテラスはメリットに対してデメリットが少ない魅力的な設備です。上手に使いこなすことで素敵な賃貸生活を楽しめます。

インナーテラスを上手に使いこなすコツとして下記をご参照いただければ幸いです。

 

1.インナーテラスを荷物置場にしない

インナーテラスは室内と繋がっていて室内を広く使うことができます。可動式スクリーンなどの仕切りも付いていることもあり、独立したスペースとして使用することも可能ですが、だからといって荷物置場として使ってしまうとインナーテラスの魅力が半減してしまいます。せっかくのスペースですので、荷物置場としてではなく洗濯物を干さないときは室内と繋げて広く使うようにしましょう。

 

2.扇風機や洗濯除湿乾燥機を使用して洗濯物を乾かしやすくする

インナーテラスで洗濯物を干すときに窓を開けておくと心配な方は扇風機などで空気の流れを作ってあげましょう。また、いまは洗濯除湿乾燥機といった便利なアイテムも市販されています。室内干しでよくある洗濯物の嫌な臭いの発生も防げる便利なアイテムですので、室内に干すことに抵抗がある方はそういったアイテムも使用してみるのも良いかもしれません。

 

インナーテラス付きの賃貸物件は比較的新しい物件のことが多いです。室内の設備も充実していますが、だからといって家賃が極端に高いということもありませんので、気になる方はインナーテラス付きの物件を探してみましょう。

・石巻市にあるインナーテラス付きの築浅物件『アヴァンス』

この記事の提供元はこちら

石巻市の小さな不動産屋さん

〔アなたのイ~ナがきっと見つかる〕

https://aina-estate.com/

 

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10数年、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward