アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年12月06日
アイナ不動産のブログ

繁忙期中に物件を探す場合に注意したいこと⁉

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

いろいろとあった2020年も残り1か月を切りました。年が明ければ賃貸物件を探す方が増える時期、俗に言う繁忙期となります。

繁忙期中は当たり前ですが、賃貸物件の情報が目まぐるしく変わります。人気の物件にも空室が出る可能性もあり、繁忙期中は物件情報が増える時期でもあります。

繁忙期中に探せば良い物件が見つかると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、繁忙期中に物件を探す場合は注意したいこともあります。

繁忙期中は物件情報が多くなる。

1月~3月は賃貸物件の入居者の入れ替わりが多くなります。俗に言う繁忙期です。

転勤などといった仕事の都合で転居する方が増える時期ですので入居する方も増えますが、その分退居する方も増える時期です。

退居する方増えるということは、その分賃貸物件の空室が増えるということになりますので、それに合わせて物件情報も自然と増えてきます。

なかなか良い物件が見つからずに引越しを先延ばしにしていた方にとっては良い物件が見つかるチャンスでもあります。

物件情報が増えるということは、希望する条件に近い物件も見つかりやすくなります。繁忙期中は1年で最も物件情報が増える時期ですから、このチャンスを逃す訳にはいきませんね。

繁忙期中だからと焦ってはいけません。

賃貸物件の情報が増える繁忙期中はとにかく忙しくなります。物件情報が目まぐるしく変わります。

その分不動産業者の方は物件を探している方に

「早く決めた方が良いですよ」

とお伝えします。それは焦らせている訳では無く、親切心のつもりでお伝えしています。

 

不動産業者の方は繁忙期を何度も経験していますので、繁忙期中というのがどのような時期なのか分かっています。そのため、

「この物件は早めに決めないと他の方が決めてしまうかもしれませんよ」

という親切心でお伝えしているつもりです。

 

しかし、物件を探している側からすると焦らせられていると感じるかもしれません。

それだけ繁忙期中は物件情報の入れ替わりが早くなります。物件を探すには良い時期となりますが、焦って決めてしまったあとにもっと良い物件が見つかったということがないようにしましょう。

繁忙期中は条件交渉にも不向きな時期。

物件を探している方で契約条件の交渉をお願いされることもあります。

しかし、繁忙期中に

「希望条件になるのであれば…」

と安易な気持ちで条件交渉をしてしまうと大変です。

「希望条件になるのであれば検討したい」

のか

「希望条件になるのであれば契約したい」

のかはっきりとした意思表示をしておかないと

『希望する条件になったのだから、もちろん契約しますよね』

と即断を迫られることがあります。

 

また、条件交渉の結果次第で検討したいと思っていても、

『取り合えず入居申込をしてください』

と迫られてしまうこともあります。

 

それは、繁忙期中は物件を探している方が多いため、条件交渉をしている間に他の方で決まってしまう可能性もあるからです。

そもそも繁忙期中は物件を探している方多いため、条件交渉をするのであればそのままの条件で決めてくれる方を探した方が早いと思われることもあります。

それだけ繁忙期中に契約条件交渉というのは難しくなります。

じっくりと探したい方に繁忙期中は不向きな時期。

繁忙期中は良い物件が見つかったら引越しをしたいと考えている方や、いろいろな物件を見てじっくり探したいという方には不向きな時期となります。

繁忙期中はとにかく物件を探す方が増えますので、1~2日検討している間に他の方で決まってしまうということがよくあります。

 

条件の良い物件であれば午前中に募集中だった場合でも、その日の午後には決まってしまうということは珍しくありません。

良い条件の物件ほど、退居前の物件だから空いてから室内を見学して検討しようと思っていても、実際に退居する前に申込が入り募集止めとなることがあります。

 

繁忙期中は就職や転勤などといった仕事関係の事情で引っ越す方も増える時期のため、室内を見学した日に即決しなければならない方が増えます。

室内の見学をする時間がないほど忙しい方は、インターネットの物件情報で調べて条件が良ければ見学しないで申込をする方も増える時期です。

 

繁忙期中は物件情報が多く良い物件も見つかりやすくなりますが、その分検討する時間も限られてしまいます。

じっくりと検討して物件を決めたいという方は繁忙期が明けるころに探し始めるのも良いかもしれませんね。

この記事の提供元はこちら

アなたのイ~ナがきっと見つかる

石巻市の小さな不動産屋さん『アイナ不動産』

https://aina-estate.com/

 

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10年以上が経ち、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward