アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年12月03日
アイナ不動産のブログ

契約時に支払う「敷金」と「クリーニング費用」の違いとは?

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

最近は賃貸物件の募集条件で「敷金」がなしという物件が増えてきました。契約時に支払う「敷金」がないので初期費用が安くてお得と感じるかもしれません。

しかし、敷金なしの物件には契約時に「ハウスクリーニング費用」を支払うという条件が付いている物件もあります。

なお、この「敷金」と「クリーニング費用」では解約後の取扱いが全く違いますので注意が必要となります。

契約時に支払う「敷金」とは何か?

賃貸物件を契約する時に支払うことが多い「敷金」ですが、どのようなためのお金なのでしょうか?

「敷金」とは、預かり金という名目で契約時に借主が貸主へお渡しするお金となります。

「敷金」は預かり金ですので、貸主は賃貸借契約が解約となった場合は「敷金」を借主へ返す必要があります。

なお、賃貸借契約期間中に借主に賃料の未払いがあった場合や賃貸借契約期間中に居室内にて借主が過失による傷や汚れを付けてしまった場合の原状回復費用などに貸主は「敷金」から差し引くことができます。

しかし、「敷金」を預かっていない場合、借主から未払い賃料や原状回復費用を直接受け取らなければなりませんが借主に支払ってもらえないこともあります。

そのため、貸主が契約時に借主から事前に預かっておくというお金が「敷金」となります。

契約時に支払う「クリーニング費用」とは何か?

敷金なしの物件の場合、契約時に「クリーニング費用」を支払うことが条件の物件が多くあります。

なお、この「クリーニング費用」とは借主が入居する前に行なうハウスクリーニングの費用ではありません。借主が解約し退去した後に原状回復工事を行ないますが、その時に行なうハウスクリーニングの費用となります。

「敷金」がある物件の場合は解約に行なうハウスクリーニングの費用を「敷金」から差し引かれますが、「敷金」がない物件の場合は差し引くお金を預かっていないため、契約時に「クリーニング費用」を事前に支払っていただくことになります。

結局、「敷金」がある物件でも後から「クリーニング費用」が差し引かれるのであれば、「敷金」なしの物件の方がお得に感じるかもしれませんが、「敷金」と「クリーニング費用」では解約後の取扱いが全く違います。

「クリーニング費用」には解約後の清算はありません。

解約後に行なう居室内の原状回復工事では、借主の過失による傷や汚れのものは借主に負担金が発生します。

契約時に「敷金」を預けていた場合、借主に負担金が生じてしまった場合はその「敷金」から負担金が差し引かれてしまいますが、「敷金」で間に合った場合は余剰金は借主に返戻されます。

しかし、「クリーニング費用」の場合、原状回復工事のハウスクリーニング費用は支払っていますが、それ以外で借主に負担金が生じてしまった場合はその金額を実費で支払う必要があります。

また、「クリーニング費用」は預かり金ではありませんので、実際のハウスクリーニング費用が契約時に支払った金額まで掛からない場合もありますが、借主に差額分の返戻はありません。

ずるいと思われるかもしれませんが、「クリーニング費用」は預かり金ではありませんので、貸主が借主に差額分を返戻する義務はありません。

どちらがお得かよく検討してみましょう。

「敷金」を支払った場合でも解約後にハウスクリーニングに掛かる費用が差し引かれるのであれば「敷金」がない物件の方がお得に感じるかもしれません。

しかし、敷金なしの物件でも「クリーニング費用」として賃料の1か月分やそれに近い金額を支払わなければならない物件もなかにはあります。

どちらがお得と感じるかは人それぞれですが、契約時に支払う「敷金」と「クリーニング費用」の違いを理解したうえで、賃貸物件を探すときは十分に検討するようにしましょう。

この記事の提供元はこちら

アなたのイ~ナがきっと見つかる

石巻市の小さな不動産屋さん『アイナ不動産』

https://aina-estate.com/

 

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10年以上が経ち、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward