アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年12月19日
アイナ不動産のブログ

賃貸物件の専用部分と共用部分。

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

アパートやマンションなどの共同住宅にはその建物や敷地内が専有部分・専用部分・共有部分・共用部分と分かれます。

賃貸物件の場合は専用部分と共用部分に分けられますが、その違い分かりますか?

賃貸物件の専用部分とは?

アパートやマンションなど賃貸物件の場合は専用部分と共用部分に分かれます。

賃貸物件の場合、専用部分というのは入居者が契約している居室や居室内にある設備など、入居者の方のみ使用することができる部分のことです。

居室内にある設備とは、エアコンやカメラ付きインターホン、キッチンの流し台や洗面化粧台、トイレなどといった諸設備のことで、その居室に入居する方のみが使用しますので、専用部分に該当します。

そういった専用部分については入居者の方のみが使用できますので、専用部分の使用に関しては「善良なる管理者の注意をもって使用する義務」を入居者の方は負うこととなります。

賃貸物件の共用部分とは?

それでは賃貸物件の共用部分とはどのような場所になるのでしょうか?

賃貸物件の場合、専用部分以外はすべて共用部分となります。例えば、入居者の方が各居室に行くまでに利用する通路や階段など、入居者の皆さんがお互いに使用する部分は共用部分となります。

賃貸物件の駐車場や駐輪場も共用部分の一部となりますね。

共用部分は入居者の皆さんで使用する場所となりますので、入居者の方が共用部分を占用して使用することは契約違反となります。

よく入居者の方が玄関脇の通路に荷物を置いていたりしますが、玄関前の通路は共用部分となりますので荷物を置くことは禁止されているはずです。

それにもかかわらず荷物を置くということは契約違反となりますので、共用部分を占用的に使用するのは好ましくありませんね。

共用部分の管理は誰が行なう?

分譲マンションなどの共用部分は管理人さんが定期的に清掃を行なったりしていますが、賃貸物件の共用部分は誰が管理するのでしょうか?

賃貸物件の共用部分については、建物の所有者が管理する義務を負います。

なお、建物の所有者が管理業務を不動産管理会社などに委託している場合は、不動産管理会社が共用部分の管理を行なうこととなります。

通路や階段などの定期的な清掃や共用外灯が切れたときの交換など、共用部分の管理については入居者の方が行なう必要はありません。

しかし、共用部分を管理する必要はありませんが、共用部分の使用については専用部分と同じく「善良なる管理者の注意をもって使用する義務」を負うこととなります。

共用部分も丁寧に使用しましょう。

共同住宅の共用部分は賃貸人や不動産管理会社で定期的に清掃を行なうなど管理をしています。だからといって、入居者の方が好き勝手に使用して良いのでしょうか。

共用通路にタバコの吸い殻やゴミが散乱している物件を見かけることがありますが、気持ちが良いものではありません。

共用部分の使用については「善良なる管理者の注意をもって使用する義務」を負うこととなります。そのため、共用部分の使用については綺麗な状態を維持するなど、共用部分の管理に協力しなければなりません。

賃貸物件に入居する場合は契約している居室や居室内の設備だけではなく、通路や階段、駐輪場などといった共用部分や共用部分の設備も丁寧に使用して、気持ちの良い賃貸生活を満喫するようにしましょう。

この記事の提供元はこちら

アなたのイ~ナがきっと見つかる

石巻市の小さな不動産屋さん『アイナ不動産』

https://aina-estate.com/

 

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10年以上が経ち、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward