アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年08月15日
賃貸物件の空室対策

空いている部屋の修繕など、空室対策は行なっていますか?

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

賃貸経営を行なっている方は必ず空室リスクが伴います。部屋がひとつ空いてしまうと室内の修繕費のほか、入居者が決まるまでは賃料収入が減ってしまいます。

空いている部屋の次の入居者はできるだけ早く決まってほしいですね。空いている部屋が早く決まるようにいろいろな空室対策を行なってみましょう。

空いている部屋の中途半端な修繕は印象が悪くなります。

「この部分はこのままですか?」

物件を案内しているとこんな質問がよくあります。

 

入居者募集のため空いている部屋を修繕するとき、修繕に掛けれる予算の関係もありますがそこまで傷んでいない箇所はそのままにしておくことがあります。ちょっとした床の傷などはそのままの場合もありますが、壁のクロスなどは汚れが酷いところだけ張替する場合もあります。

物件を探している方はセンサーでも付いているかのように、その部分を見つけてしまいます。新築物件でない限り、少なからず傷や汚れがあるのは仕方がないことだとは思いますが、物件を探している方にそれは通用しません。

 

たとえば、台所シンクが古くなってきたのでシンクだけ交換したとしましょう。そうするとシンクが新しく綺麗な分、周りの壁や床にちょっとした傷があった場合それが余計目立ってしまうことがあります。

なぜかはわかりませんが、物件を探している方には物件の良い部分の印象があまり残っておらず、悪い部分の印象ばかり残っていることが多くありました。

それだけに中途半端な修繕だと悪い印象を与えてしまう可能性があります。

空いている部屋を修繕するなら徹底的に行いましょう‼

建物の築年数が古くなってきている物件でも、立地に関係なく入居者が決まりやすい物件があります。それは空いている部屋を徹底的に修繕した物件です。

せっかく修繕を行なっても次の入居者がなかなか決まらなければ意味がありません。賃貸経営は部屋を使っていただいて初めて収入が生まれますので、空いた部屋がそのままでは大変です。

空いている部屋を徹底的に修繕する場合、修繕費は多く掛かってしまいますが長い目でみると収益に繋がる可能性は高まります。

空いている部屋の入居者は1日でも早く決まることが望ましいのは当たり前のことですが、中途半端な修繕を行なっても次の入居者が決まらないと損失は増えていきますのでお気を付けください。

空いている部屋の雰囲気を変える修繕を行なうのもお勧めです。

次の入居者は早く決まってほしいですが、それでも修繕に掛ける費用はできるだけ抑えたいものです。その場合はちょっとした修繕を行ない部屋の雰囲気を変えることをお勧めいたします。

 

たとえば床フローリングの傷が目立ってきた場合、フローリングを全面交換するのは修繕費も高額になってしまいますが、フローリングの上にタイルカーペットの敷き込みを行なったりクッションフロアを貼るなど、修繕費を抑えることができる方法もあります。

タイルカーペットの敷き込みを行なう場合は床全体を1色のカーペットで行なうのではなく、複数の色を使って敷き込みを行なったほうが費用は対して変わらず室内の雰囲気が全く違う仕上がりになりますので効果も高くなります。

 

また、壁クロスなどはアクセントクロスがお勧めです。築浅や新築物件などは最初から行う場合もありますが、最近の修繕方法として多いのがアクセントクロスです。

壁の一面だけ他の壁と違う色するだけですが、室内の雰囲気が変わります。たかが一面、されど一面、室内全体が明るい印象になったりシックな印象になったりとアクセントクロスは効果がすぐ現れます。

ただし、アクセントクロスを行う場合、建具の色調に合わせて行わないと逆効果になってしまう場合うもありますので、色調を決める場合は十分ご検討ください。

室内の設備を見直すことも必要となります。

最近の賃貸物件では、新築物件は勿論ですが築年数が古い物件でも設備を充実して空室対策を行なっている物件が多くあります。

給湯器の追焚機能はもちろん、エアコン・トイレの温水洗浄便座・カメラ付インターホンなどは付いていることが当たり前になりつつあります。

 

部屋を探している方はそういった設備が付いていないというだけで候補から外してしまいます。どんなに室内を綺麗にしても見学にさえ来てもらえません。1日でも早く入居していただくため、室内の設備を見直すことも大切となります。

なお、室内の設備を見直すときは空いている部屋だけではなく、入居中の部屋も行なうことをお勧めいたします。

入居中の方にも配慮を忘れず、空室になる可能性を低く抑えることで賃貸経営が安定しますので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

不動産をお持ちのオーナー様からのご相談もお待ちしております‼

「長く空いている部屋がある...」

「退去する部屋の修繕をどうしたらいいか判らない...」

「今までと同じ修繕でいいのだろうか...」

そんなお悩みをお持ちのオーナー様、ぜひアイナ不動産にご相談ください。

お部屋だけではなく、駐車場や駐輪場を直したいなどというご相談も可能です。

ちょっとしたことでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

 

 

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10年以上が経ち、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward