アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年08月31日
アイナ不動産のブログ

賃貸物件を契約するときの初期費用はどれくらい掛かるのか?

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

みなさんは賃貸物件を借りるとき、初期費用がどれくらい掛かるのか分かりますか?

不動産業、特に賃貸業務に携わっている方はご存知の方も多いかと思いますが、一般の方はなかなか分からないと思います。

賃貸物件の問い合わせでも多いのが契約時の初期費用についてですが、目安となる金額を誰でも簡単に計算できる方法があります。

まずは賃料や敷金・礼金などの条件を確認しましょう。

不動産ポータルサイトなどで賃貸物件を探していて条件が良さそうな物件を見つけた場合、気になってしまうのが契約時に掛かる初期費用ですが、準備していた予算で足りるのか不安になってしまう方もいらっしゃるかと思います。

初期費用を計算するとき、まずはその物件の賃料や共益費、駐車料などがいくらなのかを確認しましょう。初期費用を計算するときは賃料が基準となってくるのでとても重要な項目です。

次に敷金や礼金の条件を確認しましょう。物件によっては敷金・礼金が金額で表示されていたり、賃料を基準とした〇か月分という表示になっています。なお、何も表示されていない場合は敷金・礼金なしということになります。

 

敷金・礼金が〇か月分という表示の場合の計算には共益費や駐車料は含みません。あくまで賃料を基準とした〇か月分という計算になります。

なお、仲介手数料については共益費を除く、賃料と駐車料の合計額が基準となりますのでお気を付けください。

 

例えば賃料:50,000円・共益費:2,500円・駐車料:3,000円で募集されている物件が有った場合、敷金1か月・礼金1か月という契約条件で敷金・礼金を合わせると2か月分掛かります。

その場合の計算方法は賃料50,000円×2か月分=100,000円という計算になり、あくまで共益費と駐車料は敷金・礼金の計算には含みません。

なお、仲介手数料の計算方法は賃料+駐車料が基準となりますので、50,000円と3,000円を足した53,000円+消費税が仲介手数料の金額となります。

契約時に支払う賃料がいくらになるか確認しましょう。

賃貸物件を契約するときの初期費用は敷金・礼金だけではありません。賃料・共益費・駐車料などは前払いとなりますので、契約時の初期費用には入居する月の賃料・共益費・駐車料もお支払いする必要があります。

月初めからの入居の場合は入居月分だけのお支払いで済む場合もありますが、月の途中から入居する場合は入居する月の日割分と翌月分が掛かります。

なお、月初めから入居の場合でも入居後の賃料支払い方法によって、翌月分を契約時にお支払いいただく場合もありますのでお気を付けください。

 

例えば、3月20日から入居した場合では、3月20日~31日までの日割額12日分と翌月の4月分を契約時にお支払いする必要があります。

賃料等についてはいずれ支払うお金ですので、入居前に支払っておくか入居後に支払うかの違いとなりますが、少しでも契約金を抑えたい方は月末からの入居をオススメします。

敷金・礼金・賃料等のほかに掛かる金額を確認しましょう。

契約時に支払う賃料等や敷金・礼金の計算方法は分かりましたが、契約時の初期費用はこれだけではありません。

不動産業者にお支払いする仲介手数料や契約条件となっていて入居者に加入義務のある住宅保険料、家賃保証の会社へ加入するためにお支払いしなければならない初回保証料等を忘れてはいけません。

その他にも、入居時に鍵交換費用や室内消毒費などが掛かる場合や緊急時のための24時間サポートに関する加入料金が掛かる物件もあります。

 

契約時の初期費用を計算するには不動産ポータルサイトに記載されている情報を元に、どういった項目の費用がどれくらい掛かるのかを忘れずに確認することがとても大事になってきます。

なお、敷金なしの物件だからといってその分が安くなるわけではなく、退去時に掛かる室内清掃費用を契約時にお支払いしなければならない場合もありますのでお気を付けください。

鍵交換代や緊急時のサポート料金などは、その他の条件などに細かく項目が記載されていることもありますので、見落としが無いように気を付ける必要があります。

契約時に掛かる初期費用の概算は誰でも簡単に計算できます。

契約時に掛かる初期費用の概算金額を知りたい場合、簡単に計算する方法もあります。

以前は石巻市内でも敷金2か月・礼金1か月という物件が多くありました。そのような契約条件の物件を月初めから入居する場合、契約時に掛かる初期費用の概算金額として賃料の6か月分くらいとなります。

概算金額に関する内訳は、敷金2か月分・礼金1か月分・入居月賃料1か月分・仲介手数料1か月分・保証会社0.5か月分~・住宅保険料その他0.5か月~といった感じで合計すると6か月分となります。

 

以前は付属サービスに掛かる料金が少なく、契約時の初期費用の計算も分かりやすかったのですが、最近は24時間サポートや室内消毒など付属サービスに掛かる料金も多く、細かい金額計算が分かりにくくなりました。

なお、契約条件で敷金・礼金なしといった物件の場合でも、賃料の4か月分くらいは最低でも掛かかると思って契約時の初期費用を準備していた方が良いかと思います。

物件によっては入居月分の賃料をフリーレントするなどといったサービスを受けられる物件もありますので、思いのほか契約時の初期費用が掛からなかったという場合もあります。

 

やっとの思いで条件が良い物件を見つけたのに、契約時に掛かる初期費用が足りないために見送りしなければならないなんて事が起きないよう、お引越しを検討中の方はしっかりと初期費用分以上の金額を準備しておきましょう。

『アなたのイ~ナがきっと見つかる』

石巻市はもちろん、近隣の東松島市や大崎市・登米市、涌谷町や美里町など、不動産をお探しの方はぜひアイナ不動産へご相談ください‼

https://aina-estate.com/

空室でお困りのオーナー様からのご相談も随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10数年、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward