アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年09月02日
アイナ不動産のブログ

まさか自分が⁉保証会社の審査で落ちてしまう理由とは?

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

2020年4月1日改正民法の施行により、賃貸物件を契約するときに保証会社へ加入することが契約条件となる物件が今まで以上に多くなりそうです。

以前からも保証会社への加入が契約条件とされている物件はありましたが、保証会社へ加入するにも審査が必要となります。

しかし、稀にその審査で落ちてしまい契約自体ができないといったことがあります。

保証会社とは何をする会社なのか?

以前は賃貸物件を契約する際の条件として連帯保証人を付けるといった条件が多くありましたが、現在は保証会社への加入が必須となっている物件が多くなっています。

この保証会社ですが、いったい何をしてくれる会社なのかと疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。

保証会社とは、貸主に対して借主の支払う家賃の保証をしている会社です。

役割的には連帯保証人の代わりといったところになりますが、借主が支払えなかった家賃を代わりに払ってくれるというわけではありません。

保証会社は借主が家賃の支払いを滞ってしまったとき、借主の代わりに立て替えて賃料を貸主に支払います。これはあくまでも立て替えですので、借主の支払い自体が免除されるということではありません。

また、保証会社で立て替えている賃料の金額が多くなってきた場合、貸主の代わりに今後の賃貸借契約について借主と相談するなどといったことも行なっていただけます。

保証会社は貸主側についてのメリットが大きいので、契約条件として保証会社の加入必須といった物件が増えてきています。

保証会社へ加入するための審査とは?

この保証会社へ加入するためには、保証会社が行なっている審査で通らなければ利用することができません。

この審査ですが、何を基準に行なっているのか疑問に思うかもしれません。

基本的な審査内容として、家賃を継続して支払うことが可能な状態にあるかといった審査になります。そのため、審査を受けるための申込書に勤務先情報や同居者の有無、緊急連絡先の情報などを記載して審査を受けます。

保証会社も数多くありますので、審査申込書に記載されている内容をその書面だけで確認するところもあれば、勤務先への在籍の確認や緊急連絡先の情報確認を電話連絡など行ない確認する会社もあります。

その他、信販会社系の保証会社では信用情報を確認して審査を進めるケースもあります。

審査基準については各保証会社で分かれているため一概には言えませんが、契約予定の物件の家賃に対して十分な給与収入などがあれば保証会社の審査は通ることのほうが多いです。

保証会社の審査で落ちてしまうのには理由があります。

稀に保証会社の審査で落ちてしまう方もいらっしゃいます。しかし、保証会社では審査が通らない理由については一切教えていただけません。

審査落ちしてしまった場合、心当たりがあればしょうがないと思うかもしれませんが、全く心当たりが無い場合は悩んでしまうかもしれません。

審査で落ちてしまうのには以下の理由が考えられます。

 ・収入に対して家賃が高すぎると判断された場合。

 ・審査申込書に虚偽の事実が認められた場合。

 ・緊急連絡先が親族ではなく、友人や知人の情報だった場合。

 ・事故情報や延滞情報として信用情報に登録されている場合。

その他にも保証会社の代位弁済情報に履歴が載っているなど、さまざまな理由で審査に落ちしてしまうといったことがあります。

なお、無職の場合でも保証会社の審査が通る場合はありますが、そもそも無職だと貸主に断られるケースがありますのでお気を付けください。

 

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10年以上が経ち、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward