アイナ不動産〔Aina real estate〕
平日 9:00~17:30
土・日・祝日 9:30~16:00
不定休
2020年09月13日
アイナ不動産のブログ

あなたはどちらを選ぶ?1Kとワンルームの違いとそれぞれのメリット。

みなさん、こんにちは。アイナ不動産の鈴木です。

学生さんや新社会人の方など、初めて一人暮らしを行なうときに選ばれることの多い1Kやワンルームといった間取の単身者用物件ですが、みなさんは1Kとワンルームどちらのタイプがお好きですか?

1Kタイプとワンルームタイプの違いとは何か?

1Kタイプもワンルームタイプも同じような間取の単身者向けのお部屋ですが、はっきりとした違いがあるために間取表記が区別されています。

1Kタイプでイメージされるのは、玄関をあけるとすぐにキッチンがあるという間取を想像される方が多いかと思います。

一般的な1Kタイプは玄関を開けるとキッチンがあり、そのキッチンを通って奥の居室に入るといった間取となっています。そのため、キッチンと居屋は扉などで仕切りされています。

 

それでは、ワンルームタイプと聞いてイメージするお部屋はどういった感じでしょうか?ワンルームタイプは1Kタイプと違い、居室とキッチンが同じ室内にある間取となっています。

ちょっと分かりづらいですが、1LDKなどの物件のリビング部分をイメージしてみると分かりやすいかもしれません。

ワンルームタイプはキッチンと居室の仕切りが無いので圧迫感が無く、室内全体が広く感じることのできる間取となっていることが多いです。

 

なお、1Kタイプ・ワンルームタイプ、どちらも使い勝手の良いところもあれば悪いところもあり、どちらを選ぶかはその人の好みで分かれる間取です。

1Kタイプのメリット・デメリット。

単身者用物件と聞いて1Kタイプをイメージする方も多いかと思います。それだけ1Kタイプというのは、築年数が経過している物件から比較的築浅の物件までいろいろとあります。

そんな1Kタイプのお部屋ですが、一番のメリットは家賃の安さではないでしょうか。

築年数が経過している物件から築浅の物件まで、供給世帯数が多い1Kタイプは空室となっている物件も多く、物件同士の家賃競争が激しいため家賃が安価な手ごろな物件も多いです。

最近は築年数が経過していても、空室対策として外観や室内の手入れに力を入れている物件も多く、設備も新しい物に変わっていることがあり築年数ほどの古さを感じさせない物件も多くなっています。

また、1Kタイプにはロフト付きの物件もあり、ロフト付き物件であれば居室が若干狭くても室内を有効的に使えるといったメリットもあります。

 

しかし、メリットがあるということは、もちろんデメリットとなる部分もあります。

1Kタイプの物件は居室の広さが6帖~8帖といった物件が多く、収納も小さかったりすることもあり、荷物が多い方には室内が手狭に感じることがあります。

また、築年数が経過している物件の場合、浴室とトイレが同室となっているタイプだったり、室内のスペースの関係で洗面化粧台が設置されていないなどといった不便なところがあったりもします。

なお、築浅の1K物件はそういった不便な点が改善されていることもあり、室内も広めで使い勝手の良い間取となっている物件もあります。

ただし、その分家賃が少し高めの設定となっておりますので、家賃の安さを優先させるか設備の充実性を優先させるかは悩ましいところとなります。

ワンルームタイプのメリット・デメリット。

ワンルームタイプのメリットと言えば何と言っても室内の広さではないでしょうか。

居室とキッチンが繋がっているため、室内は狭くても10~12帖ほどの広さが確保されています。

また、比較的築年数が浅い物件が多く、洗面化粧台などの水回り設備等が充実している物件も多いです。キッチンと居室が同じ室内にあるので料理をするときも行ったり来たりするのがとても楽なのも良いですね。

そういった面でも、室内を広く使いたいという方はどちらかと言えばワンルームタイプを選ぶ方が多いですね。

なお、使い勝手の良さそうな間取のワンルームタイプですが、もちろんデメリットもあります。

これについては気にする方と気にしない方に分かれることですが、居室とキッチンが同じ室内にあるため、料理をした時の臭いが部屋に充満してしまったり、布団などの衣服類に料理の臭いが移ってしまう可能性があるということです。

1Kタイプとワンルームタイプ、どちらを選ぶのかは好みの問題となりますが、メリットやデメリットを十分考慮して自分好みのお部屋を探すというのも良いかもしれませんね。

この記事を書いた人
鈴木 貴彦 スズキ タカヒコ
鈴木 貴彦
生まれも育ちも宮城県石巻市です。 建設業から不動産業に転職して10数年、不動産業では賃貸・賃貸管理・売買と不動産に関する業務全般に携わってきました。建設業時代に培った技術で設備のちょっとした不具合などの修繕も行なっています。 〔アなたのイ~ナがきっとみつかる〕よう精一杯お手伝いをしておりますので、石巻市や近隣エリアで不動産物件をお探しの際はぜひお声掛けください!
arrow_upward